copyright©Urdct all right reserved.
狐火 (Kitsunebi) 分類 > 加藤 美紀 KATOH Miki

狐火 (Kitsunebi)

Watson paper, Gouache

629x445mm

2015

加入諮詢清單
作品介紹

狐火(是俗稱的鬼火),畫面中的女人身穿銀白色的和服,
腳邊為一隻白狐所環繞,貌似女人是狐,狐亦是女人。
女人的口中吐出一口血絲和後面的稻禾旗幟、鳥居相映。

在日本,狐狸是稻禾神的使者,
相傳在除夕夜那天,神社裡會出現一長列的狐火,
其實是整個關東地方的狐仙們都穿著正式服裝來到這裡拜見統領,
祝賀新年的到來,而當地的農民也以狐火數量的多寡來占卜來年的豐收與否。
著名浮世繪畫家歌川廣重也曾在《名所江戶百景》中
描繪王子稻禾及狐火,敘述這段流傳已久的傳說。

加藤美紀擅長用細緻線條描繪唯美的女人,
從髮絲、眼神到質感氣質的和服,
讓觀者彷彿真的進入了狐仙空靈的鬼魅之氣中;
水彩的表現技法讓背景的黑綠色大樹和銀白的狐妖呈現強烈對比。
特別的是,畫面中的路燈讓時空穿越到另一境界,
加藤美紀結合了現代化的路燈和傳統的神社背景,
清楚表現出受西方影響的本,也是文化交流下當代藝術的產出。
 
           作品名稱:狐火 (Kitsunebi)
創作年份: 2015
尺寸:629x445 mm 
媒材:ワトソン紙、ガッシュ
​Location:東京・装束稲荷神社
加藤美紀 Miki Katoh


出生於日本埼玉縣,神奈川縣女子美術大學繪畫科系畢業,
擅長將西洋美術繪畫技法融合在日本畫風中的加藤 美紀(Miki Katoh),
細緻描繪出日本大正昭和時期,東西方文化的衝擊與反思的美好時代。
其作品時而古典詭譎,時而優雅抒情,有時卻又隱喻出日本昭和時期都會女子的心境,
作風的特殊與細膩為近期日本當代少有。
 

現在 画家をメインに活動中
2012年 現代美術家・天明屋尚プロデュース「TENGAIプロジェクト」にて個展、
これを機に本格的に画家活動を開始
1999年 フリーのイラストレーターとなる
(絵本、ポスター、装丁、CDジャケット、文具、グッズ、挿絵など)
1996年~1999年 ステーショナリーメーカーに制作室デザイナーとして勤務
1996年 女子美術大学絵画科洋画専攻 卒業
 
個展
2018年 「相搏・相縛」Uspace Gallery・台北(台湾)
2016年 「東京懷舊~東京ノスタルジー~」Uspace Gallery・台北(台湾)
2014年 「幻想の庭―東京十二景―」TURNER GALLERY・豊島区
2012年 「風・花」TENGAI GALLERY・中目黒
2011年 「おもひで箱」CONTEXT S・阿佐ヶ谷
2008年 「秘密の薔薇園」人形館ギャラリー宵待草・井の頭公園
2006年 「DAYDREAM」CONTEXT S・阿佐ヶ谷
  「昭和残照」昭和レトロ商品博物館・青梅
2003年 「東京フルール」Gallery銀座フォレスト・銀座
2002年 「ノスタルジックセンチメント」Gallery銀座フォレスト・銀座
2000年 「ノスタルジックセンチメント」ギャラリー華音留・表参道
1998年 「加藤美紀展」光画廊・銀座
   
グループ展
2018年  着物ブランド「水玉椿」誕生・加藤美紀デザイン×株式会社京朋
  「柴又FU-TEN アートルーム」壁画制作(411号室) ・柴又
  「美人画ボーダレス出版記念展」みうらじろうギャラリー・小伝馬町
  「人形と絵の春展」丸善 丸の内本店ギャラリー・東京
  「アートフェア東京 2018(Uspace Galleryから出品)」東京国際フォーラム・有楽町
  「三諦円融」hpgrp GALLERY TOKYO・青山
2017年 「少女達の領域 2017」みうらじろうギャラリー・小伝馬町
  「60の顔」REIJINSHAGALLERY・銀座
  「TENGAI 3.0展」hpgrp GALLERY TOKYO・青山
2016年 「TENGAI 3.0」hpgrp GALLERY NEW YORK・USA
  「Infinity Japan 2016」ミラマーガーデン台北・台湾
2015年 「I LOVE SAKE 日本酒マニアック博」 梅田ロフト・大阪
  「少女達の領域」みうらじろうギャラリー・小伝馬町
  「アートで部屋を飾る!」アートグラフ・銀座
  「少女マニエリスム」スパンアートギャラリー・銀座
2014年 「天明屋尚 × インディゲリラ キュレーション作家展 」ミズマギャラリー・シンガポール
  「OFF-contemporary Art Fair」インターアート7から出品・ベルギー
2013年 「一幕見」TENGAI GALLERY・中目黒
2010年~2013年 現代童画展に出品
  第38回会友奨励賞
  第37回現代童画会賞
  第36回新人賞
2008年 「着物少女図鑑 with Ponia-pon」CONTEXT S・阿佐ヶ谷
2006年 「カウパレード東京in丸の内2006」丸の内エリア
   
絵本
2013年 「虹の森のミミっち」 
​ 作 森沢明夫・絵 加藤美紀 / TOブックス
2008年 「ともだちのたね」 
 作 森沢明夫・絵 加藤美紀 / 東京地図出版
2002年 「ボクがキミにできること」 
 作・絵 加藤美紀 / 文溪堂
   


            春酔 (Haruyoi)